ヘッダをスキップしてナビゲーションへ

ヘッダをスキップして本文へ

あなたは人目のお客様です

アグーの育て方

(4)交配

ア)アグーと西洋豚の発情や交配適期の違いについて
発情兆候の発現状況
出典:琉球大学教授 建本 秀樹

(1)アグーは,発情徴候(外陰部の腫脹・発赤,粘液の漏出等)がわかりにくい。
(2)アグーは,発情期間(雄を許容する期間)が1.7日~2.3日と短い。

アグーとランドレースの交配適期の違い
※VER値:膣内電気抵抗値
出典:琉球大学教授 建本 秀樹

(3)アグーは,排卵する時期が早く,交配適期が早い。

アグーの自然交配 アグーの精液採取
アグーの自然交配 アグーの精液採取

 

管理のポイント

―発情チェックと交配適期について―

  • 発情チェックは,発情確認用雄豚を活用して発情開始時期をできるだけ正確にとらえましょう。
  • アグーの交配適期は一般品種より早いと考えられています。雄の許容開始が始まったらできるだけ早く交配を行うようにしましょう。
  • アグーは発情徴候が微弱な豚や早期の流産も多いので,発情回帰の確認は確実に行いましょう。また,発情の再発がなくても発情確認は妊娠初期の間は継続して行うようにしましょう。
    (アグーの妊娠診断には超音波画像診断をおすすめします。)
超音波画像診断の様子 胎児のエコー画像
超音波画像診断の様子 胎児エコー画像

イ)アグーの計画交配について

アグーは,近親交配の影響を避けるため,下記の点に注意して交配しましょう。

DNA分析による県内全域アグーのグループ

(1)アグーは,DNAグループのデータや血統情報等を用い,なるべく血縁の遠いもの同士交配しましょう。
(2)農場内交配を長期間繰り返さないようにしましょう。
(3)不良形質や繁殖障害等がみられる交配の組み合わせは避けましょう。
(4)外貌形質や繁殖性等が優れたアグーを選抜・交配しましょう。