「アグー」の歴史

アグーのイラスト

アグーは、沖縄県の貴重な豚です。

今から約600年前に民(現在の中国)から導入され、
琉球で飼育されていた島豚がアグーの起源である
と言われており古くから沖縄の食文化を支えてきました。

明と琉球の地図

しかし、第二次世界大戦の影響でアグーは激減しました。

さらに、戦後、アメリカ等から大型で発育のはやい西洋品種が
大量に導入され、豚の改良が行われました。

そのため、小型で発育の遅いアグーの頭数は減り、
西洋品種との交配による雑種化も進みました。

明と琉球の地図

絶滅したと思われていたアグーですが、
名護博物館が1981年にアグーの全県的な調査を実施した結果、約30頭が確認されました。

そのうち18頭が県立北部農林高等学校に集められ、約10年かけて雑種化を取り除くための戻し交配が行われました。

その結果、戦前に近い形質を備えた「沖縄アグー豚」が誕生しました。

「アグー」の体型及び特性

顔に八の字型の深いシワがあり、鬼面。背はへこみ、腹は垂れている。体の毛は全身黒色。一般豚に比べて、発育が遅く、体型は半分ほど。生まれる子豚の数も少ない。

アグーの登録制度

アグーのうち、アグーブランド推進協議会が定めた基準に合格したものが「沖縄アグー豚」として登録されます。

アグーブランド豚とは

「交配により、拡がりをみせた沖縄アグー豚」

現在流通している「沖縄アグーブランド豚」は、
雄の「沖縄アグー豚」と雌の「沖縄アグー豚」や「西洋豚」を交配して生まれた豚です。

交配のパターンは農場毎に異なり、掛け合わせや育成方法の工夫によって
新たなブランド豚が誕生しています。

肉質はとても優れている沖縄アグー豚ですが、一般豚に比べて、体型が小さく肉量が少ない他、
生まれる子豚の数も少ないなど、生産が難しい豚でもあります。

生産者は独自の工夫により、沖縄アグー豚の優れた肉質を活かしつつ
肉量の多い豚を生産できるよう努力しています。

アグーブランド豚の交配の図。沖縄アグー豚(雄)、生産場独自仕様豚(雌)。交配種によって体の色が異なることもあります。農場独自の交配技術により美味しいお肉が作られます。

沖縄アグー豚の美味しさの秘密!

一.旨味成分のグルタミン酸が豊富。 二.精肉時と加熱時の肉汁ロスが少ない(しっとりジューシーで旨味が逃げない)。 三.甘味成分のセリン、アラニン、スレオニンが豊富。 四.風味・苦味のヒスチジン、アルギニン、チロシンなどが豊富。 五.味の成分である遊離アミノ酸が豊富。