ヘッダをスキップしてナビゲーションへ

ヘッダをスキップして本文へ

あなたは人目のお客様です

琉球在来豚「アグー」ってどんな豚?

由来

アグーは、沖縄固有の貴重な在来豚です。
その歴史は古く、今から約600年前に中国から導入され、沖縄で飼い続けられていた島豚が「アグー」の起源であると言われています。アグーは、古くから沖縄の食文化を支えてきました。

しかし、第二次世界大戦の影響でアグーは激減しました。さらに、戦後、アメリカ等から、大型で、発育のはやい西洋品種が大量に導入され、豚の改良が行われました。そのため、小型で、発育の遅いアグーの頭数は減り、西洋品種との交配による雑種化も進みました。
絶滅したと思われていたアグーですが、名護博物館が1981年にアグーの全県的な調査を実施した結果、約30頭が確認されました。そのうち18頭が県立北部農林高等学校に集められ、約10年かけて雑種化を取り除くための戻し交配が行われました。
その結果、戦前に近い形質を備えたアグーが復元されました。

琉球在来豚「アグー」の歴史

1385年 琉球王「察度」の使者が明国(中国)より種豚を持ち帰る。
1392年 ビン人が福建省(中国)から琉球に帰化する際に、豚と養豚技術を導入。
1904年 農商務省よりバークシャー種が導入され、アグーの改良に利用される。
1946年 第二次世界大戦により豚が激減し、西洋品種が導入される(アグーは絶滅の危機)。
1981年 名護博物館がアグーの確認調査を実施し、収集を始める。
1984年 県立北部農林高等学校において、アグーの戻し交配を開始。
1993年 戦前に近い形質を備えたアグーの復元。